お母さんお祖母ちゃんへの喜寿プレゼントにオススメの贈り物

母・祖母に喜ばれる喜寿プレゼント

喜寿祝いは、77歳を迎える年にお祝いするものです。お母さんが喜寿を迎えるなら、プレゼントを選ぶ際にも「77歳」という年齢を考慮するようにしましょう。

 

 

紫色

喜寿のシンボルカラーは「紫」です。なので喜寿祝いでは「紫のもの」を贈ることが多かったのですが、現代ではあまり意識されていません。ただお母さんお祖母ちゃんくらいの年代では、その風習を知っている人もいるので、プレゼントのどこかにワンポイントで、「紫」を取り入れるといいかと思います。

 

お母さんお祖母ちゃんに最適な喜寿プレゼント

お母さんお祖母ちゃんへの喜寿祝いプレゼント。子供からのプレゼントであれば、どんなものでも喜んでもらえるものです。といってしまっては、身も蓋もありませんね。もう少し、掘り下げていきます。考え方を変えて、「こういうプレゼントは止めたほうがいい」というところから考えてみます。

 

77歳という年齢はかなり高齢になりますが、老人扱いされることは望んでいないはず。「老い」を連想するようなプレゼントは控えたほうが無難です。逆に若さを意識した「オシャレなアイテム」が喜ばれます。例えば女性で77歳の喜寿祝いの場合は、スカーフやアクセサリーなどですね。

 

外出する機会は減っているかも知れません。でも、オシャレなアイテムをプレゼントされば外出する意欲もわいてくるものです。

 

遠方に住んでいる場合

お母さんお祖母ちゃんが遠方に住んでいると、なかなか会えないので、写真をアルバムにして贈ったりビデオレターを撮って、最近の近況を報告するという方法もあります。いずれにしても、相手のことを一番に考えて選ぶようにしたいものです。

お母さんお祖母ちゃんの喜寿プレゼントにお花を贈る

お祝いのプレゼントに、お花を考える人は多いですよね。喜寿祝いをはじめ還暦や米寿などの長寿祝いも、お花のプレゼントは人気があります。特に女性の場合、いくつになってもお花のプレゼントは嬉しいものです。

 

 

長寿祝いにお花をプレゼントするのは、花束かアレンジメントが一般的。花束は豪華ですが、あとの手間を考えるとアレンジメントの方が良いかもしれませんね。

 

喜寿祝いの色

長寿祝いの場合、お祝いの色というのがあります。還暦なら赤色、米寿は黄色といった具合です。古希、喜寿は紫色になります。

 

ただ、「その色のプレゼントを贈らないといけない」という決まりがあるわけではありません。お祝い色には、お相手の健康と幸せを祈る気持ちが込められているんです。喜寿のお祝いなら紫色ですから、お母さんお祖母ちゃんの喜寿祝いにお花を選ぶ時は参考にして選ぶと良いですね。紫色のバラを77本セットでというお店もありますよ。

母・祖母の喜寿祝いに湯呑みをプレゼントしたい

お年寄りは、日本茶が好きな方が多いですよね。朝の食事の後、夕食後、休憩にも日本茶を飲むぐらい、よく飲まれます。

 

そんなお茶好きなお母さんお祖母ちゃんの喜寿祝いに、お茶を飲むための湯呑みをプレゼントするのもいいですね。毎日使う物です。しかも日に何度も。プレゼントすると、喜ばれるのではないでしょうか?

 

手作り

売っている湯呑みではなく、自分で作った手作りなら、なお喜ばれます。手作りの湯のみだと、自由に名前やメッセージをを刻印することも出来ますしね。今では、陶芸教室などの1日体験もよく開催されています。そういうところで作るのも方法です。

 

喜寿祝など長寿祝いに湯のみを作られる方は多いようです。手作りの質感は、他では買えません。心を込めたプレゼントができますよね。

 

陶芸教室

講師の方に指導してもらえれば、1日体験コースでも、それなりの湯のみを作れます。形が多少歪んでいても、気持ちが大切。直接手に触れるものだから、気持ちも伝わりやすく、高齢の方に好評なんですよ。

 

 

母・祖母の喜寿祝いに湯呑みをプレゼントするときのポイント

とはいえ、なかなか陶芸教室に行く時間もなかったりします。購入するなら、どういったものを選べばいいのか?考えてみます。

 

毎日使う湯のみです。軽くて持ちやすく、手に馴染んで、割れにくい物を選びましょう。年齢を重ねると、握力もだんだんと弱くなってしまいます。滑りやすい素材の物であれば、すぐに落として割れてしまう心配もありますからね。

 

刻印

有名な焼き物店でしたら、日付や名前などを印字してくれるところもあります。そうなれば、まさにお祝いにはピッタリですよね。

 

湯のみを使わない方はいないと思います。湯呑みのプレゼント、喜んでもらえるのはないでしょうか?ペア湯呑みもおすすめです。

母・祖母の喜寿プレゼントに扇子を贈る

近年は、長寿祝いのプレゼントも色々なものが発売されるようになりました。選択肢が増えた分、喜寿を迎える方が喜ぶだろうものは増えています。そこで、喜寿祝いにオススメしたいのが扇子です。扇子は、母・祖母など女性がよく使います。粋なおしゃれアイテムとして重宝されている小物です。

 

 

素材もいろいろ。デザインも豊富で、香りがついているものもあります。なのでたくさんの中から予算に合わせて、喜んでくれそうな物を選べます。

 

どうして扇子?

名前を入れてプレゼントができるからです。扇子をパッと広げたときに、自分の名前が書いてあったら、とっても感動しますよね。名前だけに限らず、メッセージを入れてもらうことも可能です。

 

インターネットで調べてみると、名前を入れてくれるサービスをしてくれるお店があります。指定文字数内であれば、名前ではなくメッセージも書いてくれますよ。そうすれば世界に一つの扇子です。いい喜寿の記念プレゼントになります。

 

オリジナルというのは、プレゼントの中でも「特別」を演出するもの。自分だけに作られたプレゼントは、もらった人が喜んでくれますし、プレゼントした方も喜んでいる姿に嬉しくなります。双方が嬉しいプレゼントなので、オリジナルな贈り物は良いですよね。

 

携帯性

扇子は冬場以外、いつも持ち歩く小物です。ちょっと暑いときに、ササッと広げて使える便利さがあります。

 

喜寿ともなると、大抵のものは持っている年代です。でも、扇子はいくつあっても困らないもの。邪魔にもなりません。お母さんお祖母ちゃんの喜寿プレゼントの候補に入れてみてはいかがでしょう?

お母さんお祖母ちゃんの喜寿祝いに和菓子

喜寿のお祝いには、喜寿を迎えられる方の好物をプレゼントされても喜ばれますよね。甘いものが好きなお母さんお祖母ちゃんには、和菓子をプレゼントするのもいいのではないでしょうか。

 

種類

見ているだけでも可愛いものとか、美味しそうなものとか、和菓子にもたくさん種類があります。種類が豊富なだけに迷ってしまうものですが、長寿祝い用の和菓子セットも販売されています。そういうセットから選ぶのもいいですね。

 

例えば、和菓子と湯のみのペアセットなどがあります。「和菓子だけではなく、和菓子と何かもう1つプレゼントを」と考えているのでしたら、セット商品はいいと思いますよ。他にも、プリザーブドフラワーなどのお花がセットになっているのも人気です。今では、いろいろなバリエーションがありますよ。

 

和菓子といえばお茶です。湯呑み・マグカップは相性的には合いそうですよね。

 

刻印

おまんじゅうが好きなお母さんには、予約すればお祝いの刻印をしてくれる和菓子屋さんのお饅頭。お饅頭にメッセージを加えると、気持ちが伝わります。こういったお店でちょっとしたメッセージをお願いするのもいいですね。

 

あと、「くちとり菓子」でしたら、大きい鯛のお祝い用くちとりもあります。喜寿祝にはピッタリの商品です。

 

いろいろな喜寿のお祝いの仕方があります。それぞれの考えで、気持ちや想いを伝えてあげることが大切です。贈り物と一緒に、メッセージを添えてあげると喜ばれますよ。

 

喜寿を迎える方に合った素敵なプレゼントとメッセージ。心に残る喜寿のお祝いを!

母祖母の喜寿祝いにベストをプレゼント

喜寿のお祝いに紫色のベストをプレゼントしたりすることがあります。お祝いの席で、そのベストを着て写真撮影。いい光景です。ただ、お祝いの席だけでしか着れないようなベストよりも、普段からでも着るベストを選んであげると重宝しますよ。

 

ちょっと羽織る

お年寄りになると、自分で体温調節するのも難しくなってきます。なので、ベストが1枚あれば便利です。常にそばに置いておき、「肌寒い」と感じたときに羽織ってもらえますから。

 

オリジナル刺繍

健康を守るためにもベストをプレゼントするのは素敵ですが、地味すぎるベストではなく、お洒落なベストを選んであげてください。「お名前」や「喜寿」という言葉などを刺繍してもらうのもいいでしょう。

 

インターネットでは、長寿祝いのプレゼントを取り扱っているショップがあります。こうしたネットショップの中には、喜寿祝いで最適なベストの取り扱いや刺繍サービスをしているお店も。時間があるときに、一度探してみて下さいね。

 

事前準備

ネット購入なら、お祝い前にしっかりとプレゼントリサーチや準備が出来ます。リアル店舗で買う場合は、買い物に出かけていくことになり、「良いもの」「コレというもの」を見つけるのがたいへん。困ってしまうケースもよくあります。

 

インターネットは検索が得意。こういったことはありません。希望する商品を希望する日時までに用意できますので、万全な状態で喜寿を迎えることができますよ。素敵なベストをプレゼントし、美味しいお料理で楽しい喜寿祝いにしてあげて下さい。

お母さんの喜寿祝いに日傘をプレゼント

喜寿を迎えるお母さん。お天気の良い日にお散歩に出かけることも、もちろんあるでしょう。お散歩に行って、様々な景色を楽しんだり、中にはデジカメを持って行き、写真撮影を楽しんでいる人もいると思います。

 

 

そんなお散歩に重宝するアイテムとして、日傘があります。なので、お母さんの喜寿祝い、日傘をプレゼントするのもいいんじゃないでしょうか。

 

日傘選び

日傘ですが、どこで買います?もちろん近くの傘屋さんで市販の日傘を選ばれるのいいと思います。近くて便利ですからね。

 

ただ、せっかくの喜寿祝いのプレゼントです。オリジナルにこだわってみるのもいいと思います。インターネットでは、喜寿祝いにちなんだデザインの日傘も販売されていますよ。

 

オリジナル

ネットショップには、お祝いを迎えるご本人に向けてメッセージなどをプリントしてくれるサービスもあります。プリント?そう。プリントです。日傘を広げた時にメッセージやプリントした名前などが見えるようにデザインしてくれたりします。また、持ち手部分には、ご本人の名前などの刻印も可能です。

 

プリントなどに関しては、多少別料金が必要になる場合もあります。でも、そんなに高い料金ではありません。日傘そのものも5000円前後です。あまり予算がない場合でも、素敵なプレゼントになりますよ。

 

複数本あれば

日傘は基本的に1本持っていれば、もう1本買うことが少ないものです。プレゼントしてあげることで予備ができ、服装などに合わせて使い分けることもできます。お母さんに喜んでもらえるのではないでしょうか。

page top