お酒が好きな父への喜寿のお祝いに、おすすめな焼酎の贈り物はコレ

お酒好きの方が喜んでくれる贈り物といえば、やはりお酒です。
お歳を召した方は、お酒が好きという方も少なくありません。
喜寿のお祝いとして、今回はお酒の中でも焼酎にスポットをあてて、おすすめの贈り物をご紹介します。

高級焼酎から喜寿らしい焼酎も

お酒の中でも「焼酎が格別にお好き」という方に喜ばれる、プレミア焼酎が贈り物としては定番です。
代表的なのは芋焼酎。
三大銘柄とも呼ばれている「森伊蔵」「村尾」「魔王」です。

いずれも鹿児島県産のお酒。
酒店やインターネットから購入することも可能な、美味しくて人気が高い芋焼酎です。
ただ高価のため、普段はあまり飲む機会はない方は多いでしょう。

だから喜寿をはじめ特別なお祝いごとの贈り物として選べば、大いに喜ばれることは間違いなし。
鉄板の焼酎ギフトになります。

比較的リーズナブな価格の中でも喜寿らしい焼酎を贈りたい方なら、親しみやすい芋焼酎、「赤兎馬の紫芋限定酒」はいかがでしょう?

喜寿のイメージカラーといえば紫。
この紫と合わせた紫芋焼酎は喜寿のお酒にピッタリです。
限定酒ですが、先に述べました三大銘柄と比べると安価になっています。

ただ限定品です。
タイミングが合わないと購入できないかもしれません。
購入できるタイミングで手に入れて、準備しておくと良いでしょう。
購入はインターネットサイトからもできます。

喜寿ならではのギフトボトルもおすすめ

有名や高価な焼酎だけが、喜ばれるお酒ではありません。
特別な贈り物に仕上げたいときは、ギフト用のお酒をラインナップするお店を利用してみるのも面白いでしょう。

今は実店舗だけが選択肢ではありません。
インターネットサイトからギフト用のお酒を選ぶことも可能です。

ラッピングだけでなく、ボトルにメッセージや似顔絵を刻印してくれるサービスもあります。
お酒を楽しんだ後、記念の焼酎ボトルとして残せ人気です。

もちろん焼酎以外の日本酒、洋酒でも喜寿祝いに最適で、ギフトボトルが多数用意されています。
中には焼酎が苦手という方もいるでしょう。
だから、贈る相手が日本酒好き、洋酒好きという場合は、喜ばれるお酒を選んでくださいね。

全国の長寿祝いプラン旅行を喜寿のお祝いプレゼントに

お歳を重ねると、遠方への旅行が難しくなっていきます。
全国のどこかへ行きたい気持ちはあっても、我慢しているお年寄りも少なくないはずです。
そこで長寿祝いプラン旅行を喜寿のお祝いとして、プレゼントしてみるのも喜ばれる贈り物になると思います。

高齢者も安心の長寿祝いプラン旅行

長寿祝いプラン旅行というのは、喜寿をはじめ長寿祝いを迎える方に向けた旅行サービスです。
様々な宿が展開しています。

一般の旅行プランと異なり、長寿祝い用衣装の貸し出しや、特別会席料理、その他にも記念日やお年寄りに合わせたサービスなどが用意されています。
高齢の方を迎えるために用意されているプラン旅行です。
普段体を気遣って旅行を控えている方にも、安心してお楽しみいただけるでしょう。

旅行をお楽しみいただけるのは全国どこでも、有名観光地のほとんどが対応しているので、ご本人が行きたがっている場所を選んであげると喜ばれます。

全国から希望のプランを探すのは大変です。
でもインターネットを利用したトラベル検索であれば、喜寿をはじめ長寿祝いに向いたプランを探しやすくなっています。

飛行機やレンタカーから宿の予約まで一括手配。
各自別々に自分で用意するより手間がかかりません。

希望に応じた長寿プラン旅行を選ぼう

希望に応じて様々なプランが用意されています。
たとえば少人数の家族で楽しみたければ、大きい部屋や会場を抑える必要はありません。
でも親族大勢で参加するとなれば、大部屋の会場が必要です。

宿によっては大人数に対応できないこともあります。
なので、希望に応じたサービスを受けられるかを確認しておきましょう。

ご高齢の方が夫婦だけで楽しむというよりは、ご家族の方と一緒に旅行するほうが安心で、喜ばれます。
年齢的に喜寿の77歳ともなれば、ご自分だけで旅行をするのは大変です。

ご家族一緒に、普段はあまり一緒に時間を過ごせない子どもや孫に囲まれて、温泉地などで一時を過ごせるのは、何よりの贈り物で、素敵な喜寿の記念になると思います。

喜寿のお祝いの贈り物やご祝儀袋の「のし」「表書き」「水引」のマナー

喜寿祝いをはじめ長寿祝いは、堅苦しいお祝いにする必要はありません。
お子さんやお孫さんが気持ちを込めて、自由にお祝いしてあげるだけでも十分です。

ただ身近で親しい間柄であっても、必要最低限のマナーは守りましょう。

喜寿祝いの贈り物マナー

平均寿命が延びゆく現代では77歳の喜寿でも、まだまだ元気な方は少なくありません。
中には歳を重ねることで、どんどんお年寄り扱いされていくことを快く思っていない方もいます。
そんな方には歳を過剰に感じさせてしまう贈り物は、避けたほうが無難です。

たとえば歳をとって生活が不便だからと思い、まだまだ自分の足で元気に歩けるのに杖をプレゼントしたり。
老いを感じさせる贈り物は、不快に思われかねません。
生活を補助するアイテムは、必要とされている方に限定しましょう。

本人の趣向に合わない無理な贈り物もしない。
喜寿祝いで旅行をプレゼントされる方もいますが、本人が旅行に行きがらないこともありますし、健康的に遠出が難しい方もいます。

サプライズでプレゼントしたがために、本人の行きたい場所とは異なってしまうこともあるでしょう。
「喜ぶだろう」という送り手の一方的な判断だけで、贈り物を決めてしまうと失敗しかねません。

ご祝儀袋の基本的マナーも忘れずに

喜寿祝いのご祝儀袋も、マナーをちゃんと守りましょう。
身近な存在でも、そうした礼儀作法を忘れてはダメ。
熨斗(のし)はつけ、水引は紅白、金銀の蝶結びとしましょう。

表書きには、「祝喜寿」「喜寿御祝」などとして、下段には贈り主である自分や家族の名前を書き記します。
喜寿のご祝儀をたくさんもらうと、贈られる側は誰からか分からなくなってしまいますから。

喜寿祝いのマナーは、あくまでも常識的なことと、相手を想う気持ちさえあれば、間違いを犯すようなことはまずないはずです。
ただし親しい間柄だからこそ、つい忘れてしまうこともあります。

ですのでプレゼントを選んだり、ご祝儀袋を用意するときは改めてマナーを思い出して、今一度確認してくださいね。

喜寿祝いに贈るお花にNGはあるの?種類や色の注意点

贈り物に困ったときは、やはりお花が一番です。
大切な人からのお花は誰もが喜ぶもの。
そんなお花のプレゼントは喜寿祝いにもおすすめです。
喜寿ならではのお花の注意点、贈ったらNGなど喜寿のお祝いのマナーを前もって知っておきましょう。

紫色のお花が定番も注意が必要

喜寿祝いのテーマカラーは紫です。
ですから紫色のお花を選んでみましょう。
紫のお花には、バラ、アジサイ、ラベンダー、チューリップ、カンパニュラなどがあります。
定番はバラです。

紫のバラには「相手を尊敬する」といった花言葉が込められています。
だから年下の方が、ご相手の喜寿をお祝いするにはぴったりの花です。
もちろんバラにこだわる必要もありません。
喜寿を迎える方がお好きな花でも良いですし、お好きな花に紫がなくても、花束の中の一つとして紫を差し色として使うのも素敵です。

どんな花を贈っても、喜ばれるものであれば構いません。
ただ当たり前ですが、お葬式を連想されてしまうようなお花は絶対にNGです。
77歳にもなりますと、健康を気にされている方もいます。

紫色は成仏の意味も込められており、お葬式に用いられる色の花の一つです。
組み合わせによっては勘違いされかねません。
種類としては菊、また百合や蘭もお葬式をイメージされやすいので、ご注意ください。

喜寿のお花もプロに任せれば安心

お花選びに困ったらお花屋さんに相談しましょう。
お任せすれば、先に話したような失敗もありません。
プロのテクニックで素敵な花束やアレンジメントに仕上げてくれます。

実店舗でお願いするだけでなく、今はインターネットでオーダーして、そのままお届けしてもらえるサービスもあります。
忙しくて喜寿祝いに時間をとれない方でも、お花であれば簡単に気持ちを伝えることができるでしょう。

忘れてはいけないお花を贈るときの注意を、最後に加えておきます。
それは用意するタイミングです。
お花は当たり前ですが、徐々に元気を失っていってしまいます。
なので買い置きして贈ることはできません。

喜寿のタイミングに合わせて用意して、バッチリのタイミングでお渡しできるようにしてくださいね。

喜寿のお祝いに、こんなケーキはいかが?

喜寿のお祝いにはどんなケーキがいいだろう?ということで、考えてみました。

喜寿のお祝いは77歳のお祝いです。お祝いにケーキ、ですよね。でも、喜寿のお祝いにはどんなケーキが喜ばれるのでしょう?

喜寿を迎える方の好みもさることながら、お祝いに駆けつけてくれた方の好みも考慮した方がいいのではないかと思います。77歳のお祝いにふさわしいケーキであれば、おめでたい雰囲気をさらに盛り上がりますよね。

味は?

喜寿は77歳のお祝いですから、華やかなケーキを用意したいところ。例えば、クリームをたくさん使ったしつこい甘さが嫌いな方には
クリーム少なめにして、フルーツなんかで彩りを華やかに盛り付けたケーキはいかがでしょう?

似顔絵ケーキ

似顔絵のケーキをご存知ですか?写真などから加工してくれるのもで、もちろん食べれます。そういったケーキも喜ばれそうです。

メッセージケーキ

「77歳おめでとう」「喜寿おめでとう」などのメッセージをケーキにデコレーションしてくれるケーキ屋さんもあります。そんなオリジナルな特別なケーキも喜ばれると思います。

フラワーケーキ

ケーキが苦手という方には、フラワーキーキはどうでしょう?食べられるケーキではありませんが、プリザーブドフラワーをケーキの形にアレンジしたものです。

やっぱり、お祝い事にケーキがないのは寂しいものですからね。本人がケーキを食べられない場合には喜ばれますよ。今回は、喜寿のお祝いに良さそうなケークを幾つかご紹介しました。参考にして下さい。

あと、喜寿のお祝いプレゼントにはこちらのサイトが参考になります。

77歳喜寿祝いプレゼントランキング、今人気の贈り物

77歳の喜寿祝いは、一生に一度しかできません。
誕生日や敬老の日、父の日・母の日と毎年訪れるお祝いとは格式が違います。
特別なお祝いなのです。

だから、誕生日や敬老の日、父の日・母の日と違う特別感のあるプレゼントが選ばれています。
でも特別感のある喜寿祝いプレゼントってどんなもの?って話ですよね。

そこで今喜寿祝いで、特別感があるプレゼントとして人気の贈り物をランキング形式でご紹介します。

特別な喜寿祝いだから、いつもと違うプレゼントを贈って、喜んでもらいたい!
そう思っている方は参考にしてください。

77歳喜寿祝いプレゼントランキング

第1位:毛利達男さんの「名前の詩」

毛利達男さんの「名前の詩」の贈り物は、長寿系プレゼントでは群を抜いています。
77歳の喜寿祝いでもそう。
特別なプレゼントして、たくさんの方に喜ばれています。

開業して15年。
すでに6万件以上の販売実績のあるショップです。

「名前の詩」は、喜寿を迎えたお祖父ちゃん、お祖母ちゃんの名前を一文字一文字使って、詩を創作、額装してくれるサービスです。
詩は完全オリジナルで、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんの心情にマッチした感動の詩を作ってくれますよ。

自分の名前で出来た詩をプレゼントされる機会なんて、お祖父ちゃんお祖母ちゃんとはいえ、まず、ありませんよね。
だから、サプライズ効果もあって、感動してもらえるのです。

喜寿のお祝いに特別なプレゼントを贈るならおすすめ。

 

 

第2位:花なまえの詩

毛利達男さん「名前の詩」と同様に、名前から詩を作ってくれるサービスです。
ただ、出来上がりの作品はかなり雰囲気が違い、甲乙つけられません。好みの問題ですね。

「花なまえの詩」は、明るく華やかな作風です。
というのも、こちらは女性のクリエイター中心で制作しているから。
花びら一枚に至るまで、女性ならではの細かな気遣いで作られています。
お祖母ちゃんへの喜寿祝いプレゼントには、花なまえの詩がオススメです。

 

 

 

 

第3位:ピカソランド「似顔絵時計」

時を刻む時計は長寿祝いの定番の贈り物です。
でも77歳節目の喜寿祝いなので、普通の時計を贈っても芸がありません。

そこで似顔絵時計です。
ピカソさんの似顔絵は本当によく似ています。
そっくりです。

日頃なかなか言えない感謝の言葉と笑顔いっぱいの似顔絵。
一日の中でも何度も見る時計ですから、見るたび喜びが溢れてきます。
記念に残る喜寿祝いのプレゼントなら、ピカソランドの似顔絵時計がおすすめです。

 

 

 

 

喜寿祝いのお食事。東京でおすすめのお店は?

喜寿祝いで特別な食事会を演出したいとなれば、立派なお店をご用意してあげたいことでしょう。
格別なお店を探すとなると、やはり定番の地は東京です。
東京のお店で喜寿祝いをするならば、どんなお店がおすすめでしょうか?

東京定番の有名料亭やホテルでお祝い

ちゃんちゃんこを用意する日本らしい伝統ある長寿祝いなので、一番ピッタリのお店はやはり和食店です。
懐石料理、会席料理を落ち着いて楽しめるところが良いでしょう。

代表的なお店をいくつかあげますと、新橋の銀座九兵衛、新宿の今半万窯、赤坂の花がすみ、などです。
東京には他にもたくさんの料亭があります。
行きつけの場所でももちろん良いですし、滅多にないお祝い事ですから特別に有名店を用意してみるのも記念となるでしょう。

和のお祝いということであっても、洋食でお祝いしても、もちろん問題ありません。
洋食の場合はレストランも悪くありませんが、ゆったりとした空間を用意しやすいホテルがおすすめです。
東京であれば、帝国ホテル、ホテル椿山荘東京、目黒雅叙園が人気です。
ホテルはアクセスがよく送迎などの対応も充実しているのが魅力になります。

一番は本人のことを考えたお店選びを

特別なお店を用意するにしても、注意点があります。
それは個室が用意できることです。
賑やかな中ではのんびりとお祝いすることができません。
遠方から東京に来るとなると移動も大変です。
アクセス性も考慮して、車で来る場合は駐車の問題も考えましょう。
初めて行くお店となると、情報不足で失敗してしまうこともありますので、事前にリサーチをしておいてください。

東京でどんなお店でお祝いするにしても、本人の好みを一番に尊重することが大切です。
サプライズは喜ばれるでしょうが、本人に直接、行ってみたい東京の有名店はないかと尋ねておけば、失敗することもないでしょう。

また、お歳的に移動が困難なこともあると思います。
体の状態も考えて、無理にどこで、どんなところでとこだわることはなく、安心してお祝いできる場所を選んであげましょう。

喜寿のお祝いのプレゼントの相場といえばどれくらいなの?

誕生日のお祝いとは違い、喜寿のお祝いは人生で一度きり。
なので特別なプレゼントをと考えてはみたものの、お金のことです。
予算も気にしなくてはいけません。
そこで「ずばり喜寿のお祝いのプレゼントは相場的にいくらなのか?」をチェックしてみましょう。

喜寿でお金を包む場合の相場は

まずプレゼントの相場を見る前に、お金を包む場合はいくらが相場なのか?
これは自分の立場や経済力に応じて、大きな差があります。
大金を包まれる方であれば、77歳のお祝いなので7万7000円、もっと凄い方では77万円と文字通り桁が違う額を包まれる方も世の中にはいらっしゃるようです。

しかしこれらはあくまでも例外。
相場的には1万円~3万円くらいです。
立場が子の場合は3万円、孫の場合は1万円あたりを目安に包まれれば、少なすぎるということはないでしょう。

あんまり金額を気にされるようであれば、親戚同士で金額を決めておくといいです。
もちろん親戚同士でも経済力に差があることも。
その場合は余裕のある側が気を使って、金額を合わせてあげる気持ちが必要です。
自分は余裕があるからと、むやみにやたらと大金を包むのは良くありません。

プレゼントの相場はあまり気にせずに

プレゼントを用意する場合は、包むお金の相場と合わせて1万円~3万円くらいを目安にすると選びやすくなります。
ただ、プレゼントを贈る場合は、そこまで相場の金額について執着する必要はありません。
花束であれば1万円もかからず素敵なプレゼントになります。
逆に3万円を大きく超えても贈りたいプレゼントがある場合もあるでしょう。
大切なのは相手に喜ばれるプレゼントを贈ることです。

プレゼントは、贈る気持ちを物質として具現化したものにすぎません。
プレゼントをもらった本人は、贈り物の金額を気にしたりはしないもの。
自分のことを考えてプレゼントを選んでくれた、という気持ちでいっぱいのはずです。
まったく相場について気にしないのも失礼かもしれませんが、あんまり気にして悩み過ぎないようにもしましょう。

その他の長寿祝い
米寿のお祝いはこちら

お母(義母)さんの喜寿祝いに喜ばれるプレゼントとは

喜寿祝いは、77歳を迎える年にお祝いするものです。
お母さんが喜寿を迎えるなら、プレゼントを選ぶ際にも「77歳」という年齢を考慮するようにしましょう。

紫色。
喜寿祝いのしきたりでは、「紫のもの」を贈ることが多いです。
喜寿のシンボルカラー「紫」ですね。

でも、現代では、そのしきたりはほとんど意識されていません。
だから、カラーについてもあまり気にしなくても良いでしょう。

といっても、お母さんくらいの年代では、しきたりを知っている人がほとんどです。
プレゼントのどこかにワンポイントで、「紫」を取り入れるといいかと思います。

最適なプレゼント。
子供からのプレゼントであれば、どんなものでも喜んでもらえるものです。
といってしまっては、身も蓋もありませんね。
もう少し、掘り下げていきます。

考え方を変えて、「こういうプレゼントは止めたほうがいい」というところから考えてみます。

77歳という年齢はかなり高齢になりますが、老人扱いされることは望んでいないはず。
「老い」を連想するようなプレゼントは控えたほうが無難です。

逆に若さを意識した「オシャレなアイテム」が喜ばれますよ。
例えば女性で77歳の喜寿祝いの場合は、スカーフやアクセサリーなどが人気です。

外出する機会は減っているかも知れません。
でも、オシャレなアイテムをプレゼントされば外出する意欲もわいてくるものです。

遠方に住んでいる場合。
なかなか会えないなら、写真をアルバムにして贈ったり
ビデオレターを撮って、最近の近況を報告するという方法もあります。
いずれにしても、相手のことを一番に考えて選ぶようにしたいものです。

喜寿のお祝いに送る電報の例文

喜寿のお祝いをしたいけど、離れて暮らしている場合、どうしても直接お祝いできないこともあるでしょう。
今はメールがあります。
電話でお祝いを伝えたり、手紙を書くという方法もあります。

そして、電報。
ベストタイミングで届けられる電報はとても喜ばれます。
普段は出来ない通信手段を利用するのもお勧めです。

電報は長々とした文よりも、短くてもいいので伝えたい気持ちを分かりやすくまとめて、大体50文字ぐらいで贈るのがベストです。
まとめるのが苦手という方は、例文がいろいろあるのでアレンジして贈るといいですね。

つつがなく喜寿を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。
いつまでも健康で米寿を迎えられますようお祈り申し上げます。(60文字)

おじいちゃん(おばあちゃん)、喜寿の誕生日おめでとうございます。
これからも元気で、素敵な笑顔で私たちを見守っていてください。(54文字)

お父さん(お母さん)。喜寿のお祝いを申し上げます。
いつまでも背中を手本にさせていただきますので、健康に気をつけて長生きしてください。(60文字)

喜寿のお祝いを申し上げます。
お体を大切に、これからもますますのご健勝をお祈りしております。(45文字)

喜寿のお誕生日おめでとうございます。
おじいちゃん(おばあちゃん)が毎日元気で、幸せに過ごされることを心より祈っています。(52文字)

これらの例文はほんの一例です。
もっと長い文章でもいいので、例文を参考に自分の言葉でお祝いの電報を打ってあげると、それだけでも最高の贈り物になるでしょう。